船舶検査の流れ

JG船(総トン数20トン以上)の船舶検査について

小林海事事務所における船舶検査の流れについて紹介します。

貨物船の場合(船級:JG)

  1. 造船所にドック入り可能か予約を取る
  2. 申請をする船舶検査の種類を調査する。
  3. 船舶検査に必要な書類を準備し、有効期限などの問題がないか確認する。
  4. 船舶検査申請書を所定の運輸局に提出する。
  5. 船主、船舶検査官と協議して船舶検査の時期と方法を計画する。
  6. 実際に代表が船舶検査官と立ち合い検査を行う。
  7. 船舶検査証書申請書、書き換え申請、訂正、船舶検査手帳の更新をする。

以上までが、基本的な船舶検査の流れとなります。

小林海事事務所では「修繕会社の確保」や「検査・修理費用の立て替え」も検査がスムーズに行われるように対応しています。

→実際には荷主との協議が必要な場合や船舶検査の結果、船舶を修繕する必要のある場合には臨時検査の準備を行う必要があります。

*また、「造船所市況」という事で、造船所を探すことも大変ですので当事務所で連携をしている造船所にお任せください。

船舶検査では、上記のように複雑で船舶の停滞による損害リスクがあるため、海事法令の専門家である当事務所にぜひ、お任せください。


小林海事事務所での船舶検査の場合

当事務所での船舶検査の場合は、船主の方から「委任状」に署名と捺印を頂くだけで全ての検査を安全に行うことが可能です。

船舶の停滞リスクによる損害や船舶検査不備による損害など当事務所が責任を持って回避致します。

また、アフターサービスも用意してあるため、安心して船舶検査をお任せできます。

料金については、料金一覧表をご覧ください。【交通費】は全国、事務所負担!

お問い合わせや相談は無料ですので、お気軽にお電話、お問い合わせ下さい。

お電話:080-2335-6617(担当 小林快斗)